印刷方法に関して

当店で扱っているカレンダーの印刷方法についてご説明いたします。
(オフセット印刷、シルクスクリーン印刷(シルク印刷)、箔押印刷)

印刷方法に関して

オフセット印刷とは

オフセット印刷という名称の由来は版についたインキをいったんはがして(OFFして)ゴムブランケットに移し、ゴムブランケットから印刷物にインキを移す(SETする)ことによって印刷する方式であることからオフセット印刷となったといわれています。
オフセット印刷は、版から直接印刷するのではなく媒介物(ゴムブランケット)を介して印刷する印刷法です。
非常に鮮明な印刷が可能で、版が直接紙に触れないことから磨耗が少なく、大量印刷にも適しています。
主に壁掛けタイプのカレンダーでの印刷方法となります。

シルクスクリーン印刷(シルク印刷)とは

シルク印刷はもともと版材にシルクの布を使った印刷法です。
現在では、シルクの布ではなくインクの通りが良いように開発された化学繊維で織られた布を使うようになってきています。
版材が布ということで線数が粗くなるので、細かい文字や詳細な写真、なめらかなグラデーションなどの再現性はやや劣ります。
しかし製版技術の向上によって、現在では正確に同一の版を複数制作することが容易にできるようになりました。
アンディー・ウォーホルの代表的な作品がシルク印刷を多用して作成されたことはよく知られています。
主に卓上タイプのカレンダーでの印刷方法となります。

箔押印刷とは

箔押印刷とは熱を加えた版で箔(金箔・銀箔)を製品に押し当て色材を転写するプレス印刷法です。
「箔押し」「素押し」「ホットスタンプ」とも呼ばれます。
箔押印刷では他の印刷法では再現できない金色・銀色などを施すことができ、インクにはない独特のメタリック感(金属光沢)があります。
金色・銀色が持つイメージによって普通の印刷よりもアクセントをつけ、高級感を演出してくれます。
身近な物では名刺やちょっと高級な洋菓子・和菓子の箱や化粧品の箱などに使われています。
主に卓上タイプのカレンダーでの印刷方法となります。

最近見た商品

Copyright 1998-2019 Hankoya.com, Inc.