使ってもらえる名入れカレンダーを選ぶコツ

営業力を向上させるにはお客様との接点を増やすことが必要です。

年末年始のご挨拶は、お取引先やお客様の元へ自然に訪問することができる機会です。訪問の際、会社名が記載された販促品を持参すれば、より深くお客様と接点を保つことができるでしょう。

お渡しした社名入りの販促グッズをお取引先やお客様に利用していただければ、販促グッズを通して社名を目にすることで関係を維持できます。

カレンダーは多くの人の目にとまりやすく、1年を通して活用していただける販促品です。

年の瀬に差し替えるものであり、生活上の必需品の名入れカレンダーに勝る年末年始の販促・ノベルティグッズは他にありません。

名入れカレンダーの販促効果を高める方法

名入れカレンダーの販促効果をより高め、御社の売りをさりげなくアピールすることができるひと工夫をご紹介いたします。

壁掛けと卓上の両方をご購入されることをお勧めします。

壁掛けカレンダーと卓上カレンダーの両方をお取引先・お客様に飾っていただくことで、まるで部屋全体が御社のスポンサーのようなイメージや、第三者が見られた時に「深い付き合いをされているのだな」と印象づけることができます。 また、壁掛けカレンダーは社内のスケジュールメモなどでよく使用されます。一方卓上カレンダーはレジや受付など人通りの多いところに飾られます。双方違う使われ方をされるため、販促効果のアップも期待できます。

御社のイメージに合う名入れカレンダーを選ぶ

カレンダーは、販促品・ノベルティグッズの中でもバリエーション豊富なデザインから選ぶことができる商品です。

例えば、環境・自然保護に取り組んでいる会社なら、「エコロジーや緑」をイメージさせるカレンダーを選ぶとよいでしょう。長年変わらないこだわりや実績のある会社なら、伝統を感じさせる「庭園」「日本画」などが描かれたカレンダーなどを選ぶことで、お取引先やお客様に御社のイメージを印象付けることができます。

名入れカレンダー印刷.comでは壁掛け・卓上合わせ業界最大級1,500種類以上のカレンダーをご用意していますので、御社の企業イメージに合うデザインがきっと見つかります。

こちらのページでは、業界別に人気のある名入れカレンダーをランキング形式でご紹介。

ぜひ、効果的な販促カレンダー選びにお役立てください。

お客様にカレンダーを使っていただくためには

実用性の高い販促品であるカレンダーですが、配布先の会社や使用する人をイメージして選ぶと、更に使っていただける可能性、および販促効果を高めることができます。

設置場所ごとにカレンダーを選ぶ

例えば、広いオフィスや工場などには、遠くからでも日付を確認できる「文字の大きな」カレンダーや「ジャンボ」カレンダーを。

また、個人宅にお配りする場合には、「家族みんなの予定」が分かるカレンダーや、すべての人が使いやすい「ユニバーサルデザイン」をお選びいただくと、より使っていただける可能性が高まります。

カレンダーを使用する人をイメージする

配布先に会社名が印刷された名入れカレンダーを使っていただきたいなら、使う人をイメージして選ぶことも大切です。
オフィスユーザーには「便利機能付きの卓上カレンダー」を選んでお渡しすれば、使っていただける可能性は高くなるでしょう。
「六曜表示」や「前後月表示」などの特徴にこだわって選ぶお客様も多数いらっしゃいます。
また、名入れカレンダーを使っていただくことを第一に考えて、「高級感」漂う商品を選び、少部数購入されているお客様もいらっしゃいます。

最近見た商品

Copyright 1998-2021 Hankoya.com, Inc.